中古車販売オフィスを開業するには?

最近の日本経済では円安の影響で輸出産業が好調で大手自動車メーカーでも今年に入り昇給の動きが見られました。
しかし中小企業や輸入企業では思うほどアベノミクスの恩恵を受けられず、財布の紐は硬く消費税が上がった影響でマスメディアが報道するほど消費出来ず、新車は買えないから車の買い替えは中古でないと難しい方が多いので中古車販売の仕事を始めるには悪くない時期かもしれません。
では中古車販売業を始めるにはどうしたら良いかを簡単に紹介します。
まず中古車を扱う以上は中古品にまつわる届けが必要です。
警察に行き指示に従い「古物商」の届けが必要になります。
運転免許だけでは開業できないので注意しましょう。
次に車を仕入れるにはオークションに行かなければなりませんが、出入りの為の許可証が必要になります。
許可証の発行は同業者の推薦が必要な場合や店舗に車が3台以上展示出来る事などが各都道府県により違うので自分が住む場所の同業者に相談してみましょう。
資格や許可が揃えば次は場所です。
車が5台程は止めれる土地を探しましょう。
オフィスは建てると高額になるのでレンタルにてスーパーハウス(仮設事務所)を使うと初期費用もお得になります。
オフィスで使う事務機器や電話システムは特別な装備は必要ないので極端に言えばファックスが一体の家庭用電話機とネットが繋げれば問題ありません。
後は書類代行を行政書士に依頼するなら急ぎの書類配送に強いバイク便業者やローン販売の為、クレジット会社と業務提携すれば簡単な工具を揃える位で開業できます。
ただ難しいのは開業してからなので食べていく事が簡単では無いと肝に銘じて開業しましょう。
Copyright (C)2017独立したい!オフィスに関する悩み解決.All rights reserved.